QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
佐藤 昌憲

2017年02月16日

『ドクターX 』動画DVD 高視聴率を記録している

yi1

 連続テレビドラマ『ドクターX動画』(テレビ朝日系)の第1話が10月13日に放送され、平均視聴率20.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)をマークし好発進となった。シリーズ第4作となる同ドラマは、過去のシリーズもすべて高視聴率を記録している、『相棒』と並ぶテレ朝の看板ドラマだが、そこで描かれる一般社会の常識とはかけ離れた“医師の世界”もまた、多くの視聴者を引きつける魅力のひとつとなっている。
yi2

 まず気になるのは【ドクターX視聴率】、主人公・大門未知子(米倉涼子)のような特定の病院に属さないフリーランスの外科医の金銭事情である。第1話内では、大門に1回の手術の報酬として1000万円が支払われるが、やはりフリーの外科医が受け取る報酬は高額なのだろうか。

 しかし、患者が『これだけのお金を払うから、●先生を呼んで手術をしてくれ』と頼めばあり得ます。また、自由診療の病院であれば保険外ですので、『●先生に1000万円払って、そして病院にも1000万円払います』という契約を外国人富裕層などがすれば、あり得ます。ちなみに米国では、売れっ子の心臓外科医や脳外科医などの一部が、年俸1億円を超えたことで話題になっています。しかし、あくまで年俸であり、1回の手術で1000万円の報酬はあり得ないと思います」(現役医師・A氏)
yi3

 このほかにも【ドクターXDVD】、同ドラマの内容をめぐっては、現場の医師から多くの疑問の声も聞かれる。そこで今回は第1話内の具体的なシーンについて、現役医師たちに感想を聞いてみた。

  


Posted by 佐藤 昌憲 at 10:50Comments(0)日本ドラマ